計画的な準備が一番おすすめ

1年のうち、春や秋は引っ越しが多い季節です。この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが要因だと言えます。
多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだとよく聞くのですが、どうやら複雑な手続きを何度もしなくてはならないということが不満だそうです。例えば、電気や水道、市役所など、転居元、転居先どちらにおいても欠かせない手続きが多いので、焦らない為にも計画的な作業が必要になるわけです。 続きを読む

挨拶がてらに引越しソバを配る

「引越しソバ」という慣しとは新しい土地に越して来た時にご近所への初めましての挨拶としてお渡しするものです。私も一回もらったことがありました。

ソバのように細く長く、長く続くご縁を今後ともよろしくお願い致します。

という感じの意味合いが込められているそうです。

続きを読む

インプラントって大丈夫なんだろうか

今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。